(寝起きの頭で書いてるので実際に書いてる時間と投稿時間に時差があります)



帰宅後、案の定気絶するみたいに寝て。起きて。今、ふと思いまして。

東方のお祭りの出入り口でよく

〔←幻想郷 現実→〕

みたいな看板を持ってる方がいて、以前から「粋な事」みたな感覚で見ていました。
もともとああいうの好きです。

今、だらしなくパソコン用の椅子に座って、目の前には画面とカーテン越しのお昼過ぎの日差し
手元には寝起きにいつも入れるお茶。

そういうのものが相まってか昨日の事が現実味が無いです。そこで頭に浮かんだのはあの看板。


「もしかしたら幻想郷だったんじゃ・・・」


なんて事が頭に浮かんできてちょっと楽しいです。


一日、と言っても実際には数時間なんですが
イベント開催中、あんなにずっと御礼を言われて、作品を手にとってもらえて、喜んでもらえて、
再会して、手を振って、次回も又と言ってもらえて。


もともと私が主としていた世界ってそういうのじゃくて、
私が徹夜しようが、終電で打ち合わせして始発で納品しようが
取引先には「代わりはいくらでもいるから」って言われる感じで、私もそういうものだと思っていました。

今もまだその頃の記憶があるお陰か、東方のお祭りであんなに入れ替わり立ち代り
色んな方にプラスの気持ちを頂くと「こんな世界は探しても見つかるものじゃないな」って思います。


お祭りの後のこの感じがとても好きです。
製作作業中、上手くいかなかったり、しんどくなってもこの時を思い出してがんばれたりもします。


なんだかとっても感謝の気持ちです。
寝ぼけておりまして言葉がボワ~っとしてますが、本当に皆様いつもありがとうございます。

又、喜んで頂ける物が作れるようがんばらせて頂きたいと思います。