はい皆さん こんにちは

さてさて今回の記事は2月8日に行って来たイベント、

高知県で開催された東方土佐宴での道中に頭の中に浮かんだお話なのですが

話しの切り口が別のところからの始まりです




【episode 1】


私は各地遠征するにあたり予算の都合上、頻繁に夜行バスを利用するのですが


まぁ長い


とにかく乗車時間が長い

今回の高知行きも片道11時間

土曜日の夜に出発して日曜日に現地に到着、

イベントに出て

更に同日の日曜日に帰りの夜行バスに乗って月曜日の早朝に帰ってくるとなると

一日半の間に22時間、畳半分くらいのスペースで過ごすわけで

その上、遠征先でイベントが終わった後ぼっちが確定すると

帰りのバスまでの待ち時間これ又長い

気分がノるとその時間にブログを書いたり、作りたいもの考えたりで良いのですが


人間だもの


ノらない時もございますんですよ

そこで持ってる方も多いんじゃないでしょうか


ねっ!

スマートフォン


アイツがあれば調べものからゲームまで全てが解決するんじゃないかと

もう何年も電池すら換えずにガラ携を使ってる私も思うわけです

未知なる領域に根拠の無い期待ですよ

それでもガラ携からスマートフォンにするだけでも何かとお金がかかるわけじゃないですか

何せ普段、携帯では電話とメールしかしないのでおじいちゃん携帯でもいいんじゃないかと。

そんな事を思ってしまうくらいなので

もちろん携帯プランにパケットなんちゃらみたいなのは入ってないのです


となると


私のガラ携とスマートフォンの間には割りと大きな壁がそびえ立っているわけなのです
P1012095





















【episode 0】


金額的うんぬんを除いても、そもそもスマートフォンが苦手です

苦手な理由はフリック入力で指がプルプルするとか

ボタンに押し心地が無いと不安でしょうがないとか

色々あるのですが

そう言っていると文明の差が開くばかりではまずいかなと

歩み寄りを試みた事もあるのです


まずスマートフォンは画面が小さすぎる上、

ボタンの押し心地が無いので何を押してるかわからず

「んなぁっ!!」 となるのはタブレットにより緩和される事に気付きました


ようは 大きさ大事


小さい画面の中でマチョマチョするのに私は向いていなかったようです

次にイヤイヤ言ってないで良い所を見つけようと試みたところ


音声認識がねっ


すごいですねっ


過去にニンテンドウDSで

なんちゃか教授の脳みそトレーニングみたいなのが流行った際にやってみたのですが

トレーニングの種目の中に画面の文字の色をDSのマイクに向かって言え的なのがあったんですよ

そこで私が何回も


「黄色」と言っても


DSさんは  みたいな反応で


もうくやしゅうてくやしゅうて

「言ってるのにぃ」

「言ってるのにぃ orz」

と何回言っことか

それだって

他の人にやってもらったり

他の人のDS借りてやってみたり

声色を色々変えて人に笑われたり

トイレでやってみたり

お風呂でやってみたり

色々試して

音声認識とは仲良くなれない

って判決を泣く泣く出したのですよ

それからと言うもの

音声認識さんとは極力御付き合いをしてこなかったのですが

タブレットに半信半疑で試してみたところ

機種によっては
(←ココ大事)受け入れてくれるじゃありませんか

まさかの受け入れっぷりに人のタブレットで数時間音声認識さんとの和解を楽しみました




【episode 0_ver.2】


ここまでは今日に至るまでにすでに考えていた事でした

しかし今回更に

「何故スマートフォンが苦手か」を掘り下げてみました

そこでよーくよーく考えると

画面を直接触るのに若干抵抗があります

それはどこからきているのかを考えてみると

子供の頃の『画面』というものとの付き合い方が頭に浮かびました

皆さんも小さい頃やった事はありませんか?

電卓の画面をブニブニした事

私はビュワ~って色がにじむが楽しくていっぱいやりました


いっぱいやって

沢山壊しました


親の会社に付いて行った時

我慢ができずに会社の電卓を壊したのまで覚えてます


他にはブラウン管のTV

最初は画面に纏わりつく静電気が楽しいとか

アップでみると中にマスがいっぱいあったり

チャンネルのボタンを同時押しすると別のチャンネルが映ったりするのが不思議だったりしました

それが段々エスカレートして

水槽に内側と外側に磁石をくっつけて水槽内を掃除するグッズが昔あったんですが

その片方の磁石を画面にくっつけて

「色が変わるっ」とかはしゃいだり

しまいにはブラウン管を割ってみたくなって…


はい このくらい書くと御分かりでしょうが、散々やらかして


だいぶ怒られましたよね

大人になっても微妙に名残があって

液晶テレビが出始めた頃はまず画面を触ったり

PSPは画面の防御力高いなっとか意味があるか解らない確認してたりした事もあります


しかし、やはり徐々に大人が進行するにつれ画面に触る行為は薄れて


どちらかというと『触ってはいけないもの』


というのばかりが残ったようです

子供の頃だいぶやらかした成果でしょう

そうした経過もあり近年お陰様で画面を壊す事も無く平和に過ごしていたのです

ところがそこに時の進行と共に現われたのが

画面なのにも関わらず


「どうぞ私を触ってください さぁタッチミー!」


と言わん許りのスマートフォンなのですよ




【episode 2】

相容れぬ存在スマートフォン

しかしこの先も含めて分かち合わず良いものかという葛藤

そんな私に

「じゃぁ今回の遠征に試しにコレ持って行きなよ」

と知人が無線の電波を出す小さい箱と

きっと私の携帯の性能を3倍は軽く上回るであろう赤いタブレットを貸してくれました

しかし受けた説明は電源の入れ方だけで
 
出発準備をバタバタして


いざ高知へ!


まずは夜行バスの乗り場まで電車

電車内でさっそく取り出したタブレット!

落とすのが怖くてビクビク扱ってたら

タブレットの電源入れたのに

電波の箱の電源つけてなくてネットに繋がらず

それに気付いてなんとかGoogleまで辿り着いたら電車下車

約30分ほぼそれに使いました


気を取り直して

本番夜行バス!

はい!起動!

ササッとGoogle!

・・・

いざ手元にあると何ができるかもよくわからずガラ携で友人にメール

いくつかゲームを教えてもらって

よし!やるぞっ

と意気込んで検索すると


「ダウンロードしますか?」


「同意しますか?」


「インストールしますか?」


の嵐に怯えてしまい

無料の文字を改めて見ないとおっかなくて

ウロウロウロウロ似た様なページを指でいじってたら


はい 電池切れー


  ・・・


幸い今回の夜行バスにはコンセントが設置してあったので充電

イベント帰りにリベンジ!と心に決めた一日目の夜




【episode 3】

高知行きのバスには早朝に乗り換えがあり

普段は手荷物として持っていないタブレットを充電してるため

「バスの中に忘れるんじゃないか」「忘れるんじゃないか」と

無駄に乗り換える前からハラハラし普段の倍以上は忘れ物の確認をして乗り換え

頭も若干モウロウとしてる中、高知に到着。
 
TS3A0695


















朝市のようなものがやっていて「物価が安い~」なんて寝ぼけ眼で見ておりました

そしてイベントに出席

慣れない土地の慣れないルールの中、色々ございましたが

どうにかイベント終了


そして帰りの夜行バスまでにボッチが確定したので

世間で言うWIFIスポットなるものと接触してみようと街中をウロウロ

そしてマクドナルド発見

ココにはたしかあったはず!と思った矢先


「はたしてまともに箱から出る電波の拾い方すらわからないヤカラが

世間様が流してる電波を 『コレだっ!!』 と言って掴み取れるものなのか・・・」


とか考え始めたらマクドナルドが巨城に見えてきたので撤退。

あくまで戦略的撤退。




【episode 4】

結局、帰りの夜行バスの乗り場近くのベンチでウトウト。

普段はバスの中で寝られるように

「寝ちゃだめだ、寝ちゃだめだ」となるんですが

今回は夜間に出来る事があるからという心強さもあり

全快でウトウト

そしてついに来ました帰りのバス

席に着き、万全の状態でタブレットを取り出し

早々に電波を接続

もうバッターボックスで素振りまでして

これからホームラン打ってやるぞとバックスタンドにバットの先を向けた状態ですよ


はい! まずはゲームイントール!


Google Playの無料のなら大丈夫という友人の言葉を信じて!!

イントールのバーが左から右に!


そしてついに100%!!


はい!! NEWGAME!!



・・・『Now Loading』・・・




・・・『Now Loading』・・・




・・・『Now Loading』・・・




・・・『Now Loading』・・・




・・・『Now Loading』・・・




      


いやいや ちょーっと私が気が短かったのかなー

よし 焦ってはイケナイ 焦ってはイケナイ 



・・・『Now Loading』・・・




・・・『Now Loading』・・・




・・・『Now Loading』・・・




あ なるほどなるほど もしかしたらバグちゃったのかな

えーっと 読み込み直しボタンはどこかなっと

パソコンで言うF5的な。

・・・んーーーー

・・・んーーーーーーー

コ・・・コレか!? (ポチっとな



・・・『Now Loading』・・・




・・・『Now Loading』・・・




・・・『Now Loading』・・・


(これを数回繰り返しました後 ↓ )


  orz  ダメダ 意味が解らないよ



結果よくよく見るとバスが山間部の高速道路を走り電波が極端に弱かったようで

最初にやろうと思ったゲーム達はことごとくできませんでした



それでもコノ 「今晩はタブレットを使いこなす!」

という意気込みを引き下げるわけにはいかず

どうにか始められるゲームを発見


夜行バスの消灯時間になったので頭から毛布を被り


ゲーム再度開始!!


できるできる!!

動く!!  コイツ 動くぞ!!



   ・

   ・・

   ・・・




    酔った




慣れない文明に必死で触れたからか


寝不足だからか


毛布を被って酸素が薄い状態で下を向きながらプレイしたからか


電波のわるさで

接触の悪いファミコンみたいにブツブツ途切れるのにも関わらずムキになってやったせいか



久々に車から降りたくなるくらい酔いました orz



高知への長旅、そして初めて真っ向から向きあったタブレット

近代文明と自分の距離を思い知るには良い経験だったと。

そう思いたい




【epilogue】


顔色悪く東京に着いた早朝

いつも以上に体力の消耗が激しかったのか

帰宅後は倒れるように睡眠

タブレットを知人に返却し

感想を求められるも、しどろもどろ。

しかし、慣れない物に触れるのも諦めずにやっていこうと

寝起きの頭で思いました






そして結果

高知への往復の間、余りに余った時間でこの長文となったわけです








どうも!他愛もないおしゃべりブログお付き合いありがとうござました!!


またボチボチ更新いたしますので!!

ではでは!! またねっ  です!!